太陽光発電自家消費(第三者所有モデル)

自家消費型太陽光発電のPPAモデルとは?


工場、物流、商業、福祉施設などのお客様の遊休資産となっている屋根上などのスペースを無償提供していただき、そこに第三者が太陽光発電を設置いたします。
この設備投資は第三者がするため、お客様は資金調達に悩む必要はありません。
また、屋根の上で生み出された電力は全てお客様の施設へ供給します。一切売電しません。
電力会社から購入するより電力は割安になり、自社独自の再生可能エネルギー電源も手に入れることができます。
これにより、抜本的なCO2削減も実現可能になります。


PPAモデルを導入する4つのメリット

1.初期投資ゼロで太陽光発電が設置可能
導入時の太陽光発電パネルや工事等の設備費用が不要です。
また、設置後のメンテナンス費等も不要です。

2.電気代金の削減が可能
太陽光発電で発電した電気を「自家消費」することで、
自家消費分の電気代金を削減することができます。

3.BCP対策
停電時でも太陽光発電は発電し自社社屋に電気を供給できるため、
事業の継続、再開の対策として活用できします。

4.SDGsやRE 100、RE Action等の持続可能性の推進
PPAモデルでの太陽光発電の導入は、環境への取り組みを始めたい、
推進している企業にとって、効果的な施策です。

PPAの導入方法

建物の図面と直近12か月分の電気利用明細が必要となります。
詳しくはご相談ください。